平日ではない名前

ゴールデンウィークの間、わたしは完全に西片例だった。

 

何を言っているか理解できないと思う。わたしもあまりわかっていない。

西片例という名前は、わたしがわたしにとりあえずつけた名前だ。この名前は非常に便利で、絶妙に本名っぽいから本名と思われることもあるし、でも本人はHNのように様々な場面で多用している。

この連休の間、本名の殻を脱ぎ捨て、わたしは思う存分西片例をやった。2年ぶりとなる展示。その前後の準備で、西片例として使用する機材や工具を購入した。西片例として知り合った友人と会った。途中でお腹が空いて、わたしは西片例の体に食べ物を詰め込んだし、その食べ物は西片例が排出した。なんか楽しくなって、はてなブログのデザインを変えたり、次回の発表について考えたりもしていた。

仕事で忙しくしてると、それ以外のことがどうしても疎かになってしまう。西片例もそうで、創作する意欲が全くなくなってしまって、ツイッターに短文を書き込むのすら嫌になってしまう。しかしそんな自分から距離を置くことで、わたしは心から西片例を楽しんだ。

 

今日は少し会社で仕事をした。9日ぶりに戻った机はどうしてこんなにとっちらかっているのかがわからなかった。まるで1000年くらいほったらかしにされていたかのような、不思議な孤立感を醸し出していた。座って作業してみても、靴下が裏返っていることを知らずにそのまま履いているような違和感がある。ついこの前までここに1日座って作業したり、電話を取ったり、ご飯を食べたり、全てをしていたのに。思い出せない。

 

しかしこの机もあと一週間経てば、また本名の自分で汚されていくのだろう。本名の自分とは所詮、平日の自分を言い換えただけだ。その事実に気づいて悲しくなって、わたしは、西片例をまだやりたいなと思った。

 

2年前に作った西片例の名刺が、2日間の展示で見事に捌けた。次いつ西片例として人に会うのかわからないけど、追加で入稿しておいた。到着は木曜日。せめてそれまでには、わたしが平日のわたしに毒されていませんように。