西片例の、

スプーン一杯のノンフィクション

卒業制作の為に出会い系アプリで色んな人と出会ってみた話

1/1214の間発表する東京藝術大学大学院映像研究科の卒業制作は、イルカちゃんという女の子が出会い系アプリで出会った人々と過ごした時間の記録作品です。

決して、出会い系アプリの利用者を晒して笑いものにする作品ではないということを先に記しておきます。

 

このプロジェクトの話を周囲にした時、何人かの男性に「男が出会い系やる理由なんて、ただセックスしたいだけだよ。」と諭されてきました。確かに私はそこを危惧していました。私は女性に生まれて来てしまった以上、いわゆる「男性の性欲の強さ」を身を以て知ることができないからです。正直、作品は成り立つのか不安でした。

 

実際、イルカちゃんに堂々とセックスを掛け合う人はいました。でも、「場合によってはセックスできたらいい」、「セックスできなくてもいい」、「セックスなんかより先に」みたいに、セックスの優先度は人によって違っていて、それが自然とアプリを利用する理由となって現れていました。

 

昨今のマッチングアプリブームに堂々と乗っかっている人、ネットで出会った人に何の期待もしていない人・淡い期待を抱く人、出会い系というマイナスなワードから自分が出会い系を使用している事実を受け入れられない人。個々のインターネットへの思い出の中にある「画面の向こう側の人」の解釈によって、イルカちゃんへの態度が各々少しずつ変わってくることを感じました。

 

彼らは突然画面の向こうから現れたイルカちゃんを、最初どのように扱っていいのかわからないそぶりでした。

しかし横暴を働くことなく、身の上話をしたり、細い関係を作ろうとしてきました。たまたまそういう人たちに出会っただけかもしれない。全部嘘をつかれてただけかもしれない。でもイルカちゃんは出会った人たちに、ある意味真摯さを感じたのでした。

 

今回何人もの男性と接触して、全員を通して言えることは、人間を相手にしている以上、たとえセックスがゴールだったとしても、性欲だけでなく、別の部分でも満たしたい部分があるように感じたことです。彼らは、「ただ」セックスをしたかったわけではなかったのです。そして、今自分が生きているコミュニティでは埋められることができない穴を埋められるかもしれない期待を寄せて、アプリにアクセスしていました。そして、イルカちゃんと出会ったのです。

 

私たちは動物であるけど、次点で人間なんだ、と、この作品で改めて認識しました。そしてその事実に、少し安心しました。

 

この作品を色眼鏡で見る人は多いでしょう。しかしそういう人たちに問いかけたいのです。あなたもイルカちゃんが出会った人たちのように、心の中にどこか満たされていない、空虚になっている部分が存在しないですか、それはもしかしたら素性も知らない女の子を目の前にしたら、その瞬間だけでも和らぐものかもしれないのではないですか、と。

 

ここまで読んでいただいた方は、私と一緒に、まだ人間が人間である、という夢を見てくれますか?ぜひあなたの答えを目撃していただきたいです。1/1214BankArt Studio NYKにてお待ちしています。

 

www.fm.geidai.ac.jp